*

肌のお手入れを行なう際に気を付けておくべきこととは?

トップ画像

肌のお手入れの基本として心得ておいたほうが良いことは

UV防御ケアと保湿ケア

です。

強い紫外線がお肌に触れないような状態でいたのなら保湿しなくてもOKだと言うわけではなくて、どちらとも実践しないといけません。

肌のお手入れは手を抜かずに、連日しっかりと行なうことで、健康的できれいな肌であり続ける事ができるのです。

 

日焼けは肌のカサカサのきっかけとなりますので、陽射しがさほど強くない日だとしても、忘れることなくサンスクリーン剤クリームをつけるべきです。

気象状況や、温度によって、サンスクリーン剤クリームを繰り返し塗り付け直すことが必要です。

汗で流れたり、キープする時間に限度があるときがあるからです。

日焼けを防ぐ為に、サプリメントタイプの飲むサンスクリーン剤もありますから、意欲的に利用してみましょう。

 

サプリメントは皮膚の表面でなくカラダの内側から働きかけて、メラニン生成をブロックしてくれる効果が期待できるものになります。

紫外線でお肌の色が変わることのないように、サプリメントを使用するというやり方により、人気になっています。

保湿ケアは、強い紫外線の予防と並んで、日常的にしておくべきことだと考えられます。

お肌がカサカサになると、弾力性がなくなり下へと垂れさがることになります。

 

皮膚が垂れさがると、口元や小鼻の横にはっきりとした深さのあるシワができ、老けて見えます。

お肌の保湿力をアップさせるなら、コラーゲンやプラセンタ、セラミド等の美肌成分が使われている基礎化粧品を活用することをおススメします。

お肌のタイプや、肌年齢など、個人によって肌の状態はさまざまありますので、自分自身の肌と好相性の基礎化粧品を見つけ出したいものです。

また、基礎化粧品の他、専用の美容液『とうきの滴』なども活用してみるのもおすすめです。


公開日:

no image
目尻、眉間、額、ほうれい線のシワ改善について

ほうれい線が気になり口を大きく開けて笑えない、目尻や眉間の小じわにファ

no image
目元のシワは抗酸化を抑えることが大切

酸化とは物質と酸素がくっつくことを指し、この反応を利用することで様々な

no image
目の下にできる「ちりめんじわ」とはどんなシワなのかを解説します。

一口にシワと言っても形状や原因によっていくつかの種類に分けられますが、

no image
知らなかった!敏感肌の人がシワの出来やすい理由

みなさんは、敏感肌だとしわが出来やすいことをご存じでしょうか。アトピー

no image
身近に潜む、シワが出来る原因とは

シワができる原因は様々ですが、実は身近に潜んでいる原因もあります。それ

→もっと見る

PAGE TOP ↑